ウォーターサーバーのボトルの種類

Web Template

ウォーターサーバーを契約すれば、定期的に水が運ばれてきます。


この水はボトルに入っているのですが、ボトルはリターナブル方式とワンウェイ方式の二つにわけられます。

ウォーターサーバーを選ぶときには必ずどちらかになりますから、ウォーターサーバー選びでは重要なものの一つと言えるでしょう。


リターナブル方式とは、空になったボトルを回収して洗浄や殺菌の処理を行い、それに水をもう一度充填して届けられます。

リターナブル方式では、ボトルを回収しますからゴミが出ません。

そのために環境には優しいと言えるでしょう。回収されるまでボトルをどこかに補完しておかなければなりませんから場所をとるというデメリットがあります。

また、回収するときに自宅にいなければならないこともありますから、この点でも面倒に感じることは多いでしょう。

ワンウェイ方式とは、使い捨てのタイプを指します。ですから、空になったボトルはそのまま捨てます。

回収の手間がありませんから、空になったボトルが邪魔になることもありませんし、回収のために自宅にいる必要もありません。
宅配ロッカーなどを利用することもできるでしょう。

ボトルはPETボトルと同じですから、捨てるときには自治体の資源ゴミ回収を利用できます。

産経ニュースの情報探しはそれほど難しくありません。

この点を考えれば、環境にとって悪いとは一概に言えないでしょう。

安心のウォーターサーバーの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

日中は不在にしていて回収できないという人にはワンウェイ方式が適しています。

ただ、ゴミを捨てる手間はかかりますから、この点はデメリットと考えられます。