うつ病を回復させるには有酸素運動で治療する

うつ病を回復させるには、ウォーキングなどの有酸素運動で治療することが効果的という研究結果があります。
この研究結果では、有酸素運動を自分の最大心拍数の50%~85%の心拍数になるような運動を、1回45分~60分間、週に3回~5回続けると効果があるというものです。


最大心拍数とは、220から自分の年齢を引いた数値になります。

今、注目のパワーフコイダン情報ならこちらのサイトです。

この運動治療の効果が出るには、10~12週目以降になります。

この運動治療は、抗うつ薬と同じ効果があるとされていますが、効果が出るのに時間がかかるため即効性のある薬と併用して行うことが効果的とされています。

また、外で運動することで日光に浴びることができ、セロトニンの分泌が促進されるという効果もあります。セロトニンが不足することでうつ病になるといわれています。


セロトニンとは神経伝達物質の一つで、心のバランスを整える作用があります。セロトニンの分泌を増やすには、日光に浴びること、ウォーキングなどの一定のリズムで運動することで増やすことができます。



また、このセロトニンには睡眠をとるために必要な物質で、夜にはメラトニンというホルモンが分泌され、メラトニンが脈拍や体温、血圧などを低下させることで夜眠りにつくことができます。

このメラトニンの材料になるのがセラトニンで、セラトニンが不足することでメラトニン不足になり不眠症になります。



このセラトニンの材料になるのが、必須アミノ酸のトリプトファンで、このトリプトファンは体内で作り出すことができないので、食事などで摂取する必要があります。トリプトファンを多く含む食品は、納豆や肉類、赤身魚やたらこなどで、たんぱく質を多く含む食品に含まれています。